未分類

特商法に違反しないようにする必要性

投稿日:

セールスライティングのコツをつかもう

せどりや転売ビジネス、ネットショップの運営をするときは売上を伸ばせるようにしたいものですが、誇大広告や相手の意思に反した対応をすることは禁止されています。
特商法は安心して商取引ができるよう消費者庁がガイドラインを設け、対面販売でなくても安心して利用できるようにする仕組みです。

セールスライティングをするときは利用者に興味を持ってもらえるよう伝える内容を決め、商品を受け取って満足してもらう必要があります。

ネットビジネスはスキマ時間に稼げて便利ですが、相手の信用を失わないように責任を持って行うことが大事です。セールスライティングは商品を購入するメリットを伝え、おすすめの使い方を紹介する方向性にすると効果があります。

禁止されていることを理解しよう

特商法は消費者トラブルを防ぐために設定され、誇大広告以外に虚偽の情報を伝えたり返品や交換に応じない行為は禁止されています。
特定商取引法に基づく表記は公正な取引を行う証明にもなり、利用者はあるかどうか確かめて選ぶことが多いです。近年ではインターネットの普及もあり通信販売が中心になり、高齢化により高齢者の利用が増えています。

このため、パソコンやスマホの操作に慣れていない利用者が多く、詐欺が横行しやすいなどの問題も多いです。
また、訪問販売やネズミ講などでこのような詐欺が行われやすく、防ぐために特商法が設定されていることを理解する必要があります。

最近では店舗を設けずに通販サイトに特化した業者が増えていますが、利用する前に特定商取引法に基づく表記があるか確かめると詐欺が起きにくく安心です。

利用者からの信用を強化しよう

せどりなどの転売ビジネスやネットショップの運営は利用者から信用されないと売上を伸ばせないため、ルールを守って行うことが大事です。
特商法は消費者トラブルを防ぐための基本的なルールになり、始める前に定められている内容を理解する必要があります。

最近では口コミや評判はネット上で流されるようになり、不正行為があれば拡散されやすいです。また、違反行為なども消費者庁に通報できるため、相手をだまして利益を得るような行為をすると逆効果になります。

特商法は守るべきルールをガイドラインとして定めているため、内容を理解して利用者のニーズに応えるとことが望ましいです。
継続して利益を出すためには競争が激しいため、勝ち抜けるようSNSでコミュニケーションを行うなど工夫する必要があります。

-未分類

Copyright© 株式会社チケット(及川優)は怪しい?メイクLIVEの内容は?副業詐欺の危険はある? , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.