未分類

副業をするときに税金を減らすための申告のコツ

投稿日:

税金を減らすと収入を増やせて便利

副業をするときは報酬の額に応じて所得税や住民税がかかり、きちんと納める必要があり脱税をすると犯罪行為になります。副業で税金がかかると前年の分を負担することになり、稼げなくなると生活が圧迫されるため注意が必要です。
しかし、課税対象所得は報酬の額から経費を差し引いた金額になり、あれば申告をすると節税ができます。
課税対象所得から差し引ける経費は副業との関連があるものに限られ、パソコンやスマホなどほかの用途に使えるものは税務署で認められない傾向が強いです。経費に関する取り扱いは確定申告の前に税務署に相談すると確認でき、申告をするためには領収証を添えて証明する必要があります。

また、病気で診察を受けるために医療費がかかれば課税対象所得から控除され、きちんと領収証を保管しておけば申請ができて便利です。

スキルアップをするための費用は経費として扱える

副業は初心者から上級者向けまであり、選択肢を増やしたいならスキルアップをする必要があります。スキルアップをするためには有料のセミナーや情報商材などを利用すると専門的な知識をつけ、報酬が高い副業もできるようになって便利です。

最近ではインターネットの普及とともにネット副業が注目され、パソコンやスマホがあれば場所や時間を気にせずにできます。有料のセミナーや情報商材を利用したときは経費として扱えますが、サポート内容や領収証を発行してもらえるか確かめて利用することが大事です。
スキルアップをするときはかかった費用は経費として課税対象所得から控除できるため、足りない知識を補うようにすると今後の生活に役立ちます。

2種類の確定申告がある

確定申告をするときは白色申告と青色申告があり、最適な方法を選ぶと金銭的に余裕を持てるようになります。
確定申告の方法は収入の状況に応じて最適な方法を選び、余分な金額を支払わないようにすると効果的です。青色申告は白色申告と比べて帳簿をつけたり申請が面倒くさいと感じますが、投資などで損失を出した場合に3年間まで繰り越せて課税対象所得を減らせます。確定申告は会計ソフトを使えばスムーズにでき、時間に余裕を持って手続きをすると節税ができて便利です。

白色申告と青色申告の違いは税額を控除できる範囲や手続きの方法になり、最適な方法を選ぶようにすると今後の生活に役立ちます。確定申告をするときは収入の状況に応じて最適な方法を決め、支払うべき税額を減らすと効果的です。

-未分類

Copyright© 株式会社チケット(及川優)は怪しい?メイクLIVEの内容は?副業詐欺の危険はある? , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.